認知症新薬 期待されるその独自の効果とは?

今回も日本経済新聞の記事から認知症新薬についてお話しさせて頂きます。認知症新薬について期待される新たな効果とは、

記事を掲載させて頂きますのでご一読ください。

アデュカヌマブが注目されるのは、認知症そのものへの効果が期待できるからだ。これまでの認知症関連の治療薬にはエーザイが1997年に発売した「アリセプト」などがあるが、一時的に認知機能を改善する効果にとどまる。バイオジェンとエーザイは20年の初めにもFDAにアデュカヌマブの承認を申請する方針で、最短で21年にも認知機能の低下を抑える世界初の治療薬として発売できる可能性がある。

アルツハイマー病を中心とする認知症患者は15年時点で世界に4600万人、50年には1億5000万人まで増えると予想される。市場規模は大きく、アデュカヌマブは年間売り上げが1000億円を超える新薬「ブロックバスター」となる可能性がある。国内証券アナリストは「年間3000億~4000億円はいける。1兆円を超える潜在力もあるだろう」と評価する。

つまり今までの認知症治療薬は進行抑制の効果が期待できるものだったのに対し、認知症新薬は根本治療の可能性が示唆されています。それでかなりの期待が寄せられています。

本当に画期的な薬になる可能性を秘めています。

ただ、この認知症新薬にはまだクリアすべき問題点が多くあります。次回はその問題点についてお話させて頂きます。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2019年12月9日 日本経済新聞

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA