大阪市福島区にある今川クリニックはアルツハイマー病・認知症・うつ病を治療する心療内科です。

今川クリニック

 今川クリニック

06-6442-9780

睡眠外来について

眠りのことで悩んでいませんか?

「夜なかなか眠れない」「夜中に何度も目が覚める」など、日本人の5人に1人が眠りの悩みを抱えていると言われています。睡眠で十分な休息が取れない場合、仕事や日常生活に支障が出ることがあります。次のような症状がありましたら、何らかの原因で睡眠障害が起きている可能性があります。

寝ているあいだ

・布団に入ってもなかなか眠れない
・夜中に何度も目が覚める
・いびきをかく
・寝汗がひどい
・呼吸が苦しい

朝目覚めたとき

・すっきりと起きられない
・何時間も早くに目が覚める
・熟睡した感じがしない
・身体が重いと感じる
・口が乾いている

起きているとき

・日中に強い眠気がある
・だるさや倦怠感がある
・集中力が続かない
・疲れやすい
・抑うつ傾向がある

睡眠障害を引き起こす原因は?

・ストレスや環境の変化によるもの
・不安や抑うつなど精神的な病気によるもの
・薬やアルコールなどによるもの
・睡眠時無呼吸症候群によるもの
・身体的な病気によるもの など
不眠をはじめとする睡眠障害を引き起こす原因は、人によって様々です。似たような症状でも原因によって治療や対処法が異なります。「最近よく眠れない」「寝ているのにスッキリしない」などと感じる方は、当院睡眠外来へご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものですが、睡眠中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間に脳や身体には大きな負担がかかっています。脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。中等症から重症の方は、「CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)療法」が治療の第一選択です。

CPAP(シーパップ)療法とは?

閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として、現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。睡眠時、専用のマスクを鼻に装着し、CPAP装置から気道へ空気を送り込んで、気道の閉塞を防ぐ治療法です。

※もっと詳しく知りたい方は下記まで
無呼吸なおそう.com
  • 〒553-0003
  • 大阪府大阪市福島区福島6-4-10ウエストビル2F
  • TEL:06-6442-9780