透明な脳 ~第七章 鉄剤療法の作用機序

今川クリニックの院長ブログ

かつて脳の神経系統は、血管網のように綿密に繋がっていると考えられていたが、今日では、ニューロンという脳細胞の単位に分かれていて、神経伝達物質の分泌によって必要な部分が連結されることが分かっている。その神経伝達物質の生合成に必要な補酵素がビタミンB6である。また、そのエネルギー源となるのが、コエンザイムQ10とクエン酸第一鉄である。

ちなみにビタミン剤の大量投与は、これまでもアルツハイマー病患者に対して行われてきたが、著しい効果が報告されたことはない。わたしが考案した療法の特徴は、これまで一般的だった投薬に加えて、クエン酸第一鉄を投与することである。

自著「透明な脳」より

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    少子高齢化

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第三章 風景を解釈する脳 脳が認識する世界①

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    予防法と薬物治療法のかなた

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    「食事で認知症予防」リコード法の食事 ケトフレックス(フレッ…

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    排泄の一つ腎臓とアルツハイマー病(私が診ている患者)

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    スボレキサント(ベルソムラ)

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. スタッフブログ
  3. スタッフブログ
    腸内フローラ

    2022.07.19

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ