精神科

脳血管性認知症

脳血管性認知症ってどんな病気?

脳血管性認知症とは?

脳血管性認知症は脳に血液を送り込む血管の異常により、脳の一部で血の巡りが悪くなったり出血を起したりした結果、神経細胞が死んでしまうために認知症状が出る病気です。

脳血管性認知症の患者さんはどれぐらいいるの?

現在、認知症の中でアルツハイマー病に次いで第2位の頻度で起きます。アルツハイマー病とあわせて半分以上の認知症の原因となっています。

なぜ脳血管性認知症になるの?

脳に血液を送り込む血管が詰まったり(脳梗塞)、破れて出血したり(脳出血)して起きますが、起きやすい部位があります。アテロームという血管内の沈着物からできた血栓が、血管の細くなった先で詰まることや、血管が固くなって内腔が狭くなることで血液を十分に送れなくなる事(動脈硬化)で起きてきます。ラクナといわれる小さな梗塞巣が広く広がる型(多発梗塞性認知症)、ひどい動脈硬化により広い範囲の神経が徐々に死んでいく型(ビンスワンガー病)、あるいはある特定の部位が脳梗塞になることで起きる型があります。

脳血管障害の症状の特徴は?

アルツハイマー病に比較して、もともと高血圧、高脂血症、あるいは糖尿病を患っていた人に起きやすい傾向があります。認知症の症状が出ている部分と出ていない部分があり、段階的(階段状)に進行します。手足の麻痺、歩行障害、尿失禁など認知症状以外の神経の障害が伴うことがよくあります。糖尿病、高血圧、高脂血症など生活習慣病を長年きちんと治療しないで過ごしていると、段階的に認知症が進んでいきます。

脳血管性認知症はまだら状の症状や手足の麻痺が特徴

アルツハイマー病と脳血管性認知症の症状進行の違い


症状があるところとそうでないところがある。

麻痺


手や足などに神経症状がある。

脳血管性認知症の治療は?

脳血管性認知症は何よりも基礎疾患(高血圧、糖尿病など)を治療し、脳血管性障害を予防することが大事です。二次予防としてさらなる脳血管性障害を起こさぬよう、抗血小板薬と抗凝固薬が用いられます。また、薬物治療と同時に症状の進行を少しでも抑えるためにリハビリテーションを行います。

脳血管性障害を防ぐ抗血小板薬と抗凝固薬

血液中には血液を固まらせる役割を果たしている血小板がありますが、抗血小板薬は血小板が特に動脈で凝集して脳に血栓ができるのを防ぐ薬です。一方の抗凝固薬は、静脈内での血栓ができるのを防ぐ薬です。脳血管性認知症では、これらの薬を用いることで原因となる脳血管性障害を進行させないことが唯一の治療法になります。

リハビリテーション

障害を可能な限り回復治癒させ、残された能力を最大限に高め、身体的・精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるように行うのがリハビリテーションです。人の機能は使わないと衰えてしまいます(廃用性障害)から、最近では発病後すぐにリハビリテーションを行うことがよいといわれています。リハビリテーションには、さまざまなものがあります。
根気強く、すぐに改善が認められなくても、リハビリテーションを続けることが大切です。

『老化によるもの忘れ』と『認知症によるもの忘れ』の違い

老化によるもの忘れ

  • 体験の一部分を忘れる
  • 新しい出来事を記憶できる
  • ヒントを与えられると思い出せる
  • 時間や場所など見当がつく
  • 日常生活に支障はない
  • もの忘れに対して自覚がある
認知症によるもの忘れ

  • 体験全体を忘れる
  • 新しい出来事を記憶できない
  • ヒントを与えられても思い出せない
  • 時間や場所などの見当がつかない
  • 日常生活に支障がある
  • もの忘れに対して自覚がない

原因疾患の比較

認知症のタイプ 病変 特徴
アルツハイマー病型認知症 脳全体が縮む 全体的に低下
脳血管性認知症 血管が詰まったところから先の脳細胞にダメージ 階段状に低下
症状がまばら
前頭側頭型認知症 前頭、側頭葉が縮む 無頓着
時として非社会性
レビー小体型認知症 後頭部にも縮みが及ぶ(ものを見る中枢) パーキンソン症状
幻視

認知症を疑う日常生活の変化

  • 人に会う約束を忘れる、待ち合わせの時刻や場所をよく間違えるようになった
  • スケジュールを立てる、料理を手順どおりに作るなどの段取りや仕事が出来なくなった
  • 買い物をしたとき、小銭を出さずにお札で払うことが多くなった
  • 同じ献立ばかり続くようになった、味付けが明らかに変わった
  • 老人会など近所の人たちとの交流が急に減った
  • 大事なものをしまった場所や、しまい込んだこと自体を忘れることが多くなった
  • 午前中に話したことを午後には覚えていないことがある
  • 孫の名前を時々混同するようになった
  • 鍋に火をかけたことを忘れてよく焦がすようになった
  • 同じ服を何日も着ているようになった
  • 食品など、同じものを何度も買ってくることが増えた
  • 理由がはっきりしないのに痩せてきた
  • 電話をしたことを忘れ、同じ内容の電話をかけてくるようになった

家族が認知症に気づいた変化の発生頻度

家族が異常に気付いてから受診までの期間は3分の2が2年以上

  • 同じことを何度も言ったり聞いたりする(45.7%)
  • ものの名前が出てこなくなる(34.3%)
  • 置き忘れやしまい忘れが目立った(28.6%)
  • 時間や場所の感覚が不確かになった(22.9%)
  • 病院からもらった薬の管理ができない(14.3%)
  • 以前はあった関心や興味が失われた(14.3%)

※その他、ガス栓の締め忘れ、計算の間違いが多い、怒りっぽくなったなど

認知症の人のために家族ができる10ヶ条

  • 見逃すな「あれ、何かおかしい」は大事なサイン。
  • 早めに受診を。治る認知症もある。
  • 知は力。認知症の正しい知識を身につけよう。
  • 介護保険など、サービスを積極的に利用しよう。
  • サービスの質を見分ける目を持とう。
  • 経験者は知恵の宝庫。いつでも気楽に相談を。
  • 今できることを知り、それを大切に。
  • 恥じず、隠さず、ネットワークを広げよう。
  • 自分を大切に、介護以外の時間を持とう。
  • 往年のその人らしい日々を。

(認知症の人と家族の会、2008より引用)

精神科

  1. アルツハイマー病型認知症

    アルツハイマー病型認知症

    日本人で一番多い認知症です。脳が徐々に萎縮し直前の事が思い出せない等から始まります。来年度新薬の発売が期待されています。

  2. 脳血管性認知症

    脳血管性認知症

    日本人で二番目に多く、高血圧、糖尿病、脂質異常等の生活習慣の乱れ等が原因とされ、脳の血管の異常から起こる認知症です。

  3. レビー小体型認知症

    レビー小体型認知症

    日本人で三番目に多い認知症で、一般的な物忘れに加えて、特徴的な症状は、①幻視、②注意・認知機能の変動、③パーキンソニズムです。

  4. 前頭側頭型認知症

    前頭側頭型認知症

    アルツハイマー病と同じ神経変性疾患ですが、脳の前頭葉や側頭葉に限局した萎縮がみられます。認知機能の障害よりも行動面の問題が目立ち、家族による介護が困難となります。

  5. うつ病

    うつ病

    ①憂うつな気分②気力がない③考えがまとまらない等の症状が2週間以上ほぼ毎日続く病気です。不眠、頭が重たい等の症状もでます。

  6. 適応障害

    適応障害

    日常生活の中で起こった出来事や環境に対してうまく対処できず心身の症状で社会生活に支障をきたす状態、ストレスの原因が明確である事が重要です。

  7. 発達障害

    発達障害

  8. 統合失調症

    統合失調症

  9. 不安

    不安

  10. 不眠

    不眠

  11. アルコール依存症

    アルコール依存症

    依存症は、日々の生活や健康、大切な人間関係や仕事などに悪影響を及ぼしているにも関わらず、特定の物質や行動をコントロールできない状態です。