新年早々の大ニュース「眩暈の薬で認知機能改善」

平成最後の年は、認知症患者様に携わっているご家族様、医療関係者にとって明るいニュースがいくつも話題になるという、今後に期待を抱かせる幕開けになりました。まずは、なんといってもこのニュース、一番問い合わせも多かった眩暈のお薬の話題から始めたいと思います。

平成31年1月8日、産経新聞から

忘れてしまった記憶を薬で回復させる実験に成功したと、東京大や北海道大などの研究チームが発表した。記憶を回復させる効果がある薬の発見は世界初という。アルツハイマー病などの認知症の治療に役立つ可能性がある。米科学誌電子版に8日、論文が掲載された。

チームは20代を中心とした健康な男女計38人に100枚程度の写真を見せ、約1週間後に覚えているかを調べる実験を実施。めまいの治療薬として使われている「メリスロン」を飲んだ場合と、飲まなかった場合で正解率を比較した。

その結果、薬を飲むと、忘れていた写真を思い出すケースが増え、正解率は最大で2倍近く上昇することが判明。忘れた写真が多かった人ほど効果があり、見たかどうか判別が難しい写真で正解率がより高まる傾向があることも分かった。

この薬は脳内の情報伝達に関わる「ヒスタミン」という物質の放出を促進する働きがある。この効果で記憶を担う神経細胞が活性化し、忘れた記憶の回復につながったとみている。

記憶が回復する仕組みを詳しく解明し、認知症の研究成果と組み合わせることで、アルツハイマー病などの新たな治療法につながる可能性がある。

チームの池谷裕二東大教授(薬理学)は「記憶回復のメカニズムが分かったので、今後はより効果の高い薬の開発につなげたい。認知症患者らの生活の質を高められる可能性がある」と話している。

翌日から早速いろいろ問い合わせがあり、当クリニックでも論文を取り寄せたり、販売元の製薬会社に話を伺ったり致しました。まずは、この論文に関しまして製薬会社は一切かかわっておらず、人的・金銭的な関連は全くないとのことでした。その上で改めて、メリスロンを認知症治療に臨床の現場で使用できるのかというと、まずは、認知症には適応がなくあくまで眩暈症の適応の薬であることが大前提ですが、中枢性眩暈にも末梢性眩暈にも使用できる非常に副作用が少ない薬である事は確認できました。また、この論文では、メリスロンを通常用量よりも多く使用しているので、この論文と同等の用量では処方はできないことになります。それを踏まえたうえで、現時点で、メリスロンが認知機能改善に効果がある機序としましては、脳もしくは海馬に対する血流増加が一番に考えられます。元々メリスロンは、耳の奥にある内耳という機関に対する血流増加が眩暈にたいする効能の機序と考えられており、内耳以外にも脳血流を増加する可能性も考えられていましたが、それを立証する一つのデータであると考えています。

今後様々な観点から研究が進み、この研究で使用されたメリスロンの用量も保険適応内で使用できるようになるのではと期待しています。

いずれにせよ、この「脳・海馬への血流の増加」は、今後の認知症治療の重大なテーマになると考えており、それは以前から当クリニックで先駆けて取り組んでいたこととも合致します。

この観点から次回にも新年のニュースをお伝えしたいと思います。

 

文献1)2019年1月8日 産経新聞記事

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年6月に、今川クリニックの院長に就任いたしまして、おかげさまで無事に新たな年を迎えることができました。これも皆様のご支援、ご指導、ご協力の賜物と感謝しております。本当にありがとうございました。

新しい年を迎えまして、今後さらに患者様、ご家族の皆様のお役に立てるよう努力して参る所存です。とくに、おひとり、おひとりにあった認知症治療、不眠治療そのほかメンタル不調でお困りのすべての方への治療のあり方を工夫して参りたいと思っております。クリニックの雰囲気、治療のあり方、などなど改善すべきことがございましたら、遠慮せずにお申し出ください。

また、平成31年4月より月曜日、火曜日午後も診療を始めます。これまで月曜日、火曜日の午後が休診だったため、皆様にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。月曜日、火曜日午後の診療開始に当たりまして、これまでご協力頂きました皆様に感謝いたします。

本年もよろしくお願い申し上げます。

平成31年1月5日

今川クリニック 院長 福本 素由己

カテゴリー: その他 | コメントする

年末のご挨拶

寒気厳しき折柄 あわただしい師走となり、何かとご多用のことと存じます。

皆様のご家庭では、すでに年末の準備がすすみ、一年で最も楽しみな時に備えておられる事と思います。

今年は、6月に前院長今川正樹が、医学と仁の道にその人生を捧げ全うされ、6月から院長が交代し、その後も診療時間の変更など、患者様やご家族様に多大なるご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。
また、小さな診療所で行き届かない事や患者様の期待や信頼に添えなかった事も少なくなかった事をお詫び申し上げます。私達の力だけでは限りがございますので、地域の中核病院(住友病院、関西電力病院、北野病院、大阪病院、日生病院様など)や、地域の調剤薬局様やケアマネージャー・訪問看護師・介護施設とも連携をはかり、患者様のご期待に応えられるよう努力してまいります。当クリニックにご協力いただく全ての医療関係者の皆様にもこの場を借りて感謝の気持ちを述べさせていただきます。

また、平成最後の年を迎えるにあたり、少しでも患者様、ご家族様に寄り添えるよう、11月にはアンケートを実施させて頂き、多くの方にご協力頂きましたことを心より感謝しております。大変多くの有難い貴重なお声を頂きましたので、少しでもご要望に応えられるよう院長以下、スタッフ一同一層身を引き締めて診療に従事させて頂く所存であります。

どうかこの年末年始の機会に、ご家族やご友人と共に健やかな時を優しいお気持ちでお過ごしいただけたらと願っております。

皆様のご健康とご家庭の平安と益々のご活躍を期待して、年末のご挨拶に代えさせていただきたく思います。

良い年をお迎え下さいますようお祈りいたします。

平成30年12月28日

今川クリニック 院長 福本 素由己

カテゴリー: その他 | コメントする

今川正樹先生を偲んで 後篇

脳の透明性について、今川先生の著作「透明な脳」から引用させて頂きますと、母胎の中で脳が形成されて、環境ホルモンなどの影響もなく、健全に成長する可能性を秘めた脳を、今川先生は「透明な脳」と呼び、その「透明な脳」の状態を取り戻すために編み出された治療法が鉄剤療法であるとのことです。この著作の中で特に印象的な文章が、

(前略)脳というものは、これまでに述べたように科学的な発達の法則に従って成長していく。その到達点を予測することなどとてもできない。脳のなかに蓄えられた知識と経験が、想像力により脳の中で新しい世界の再生産を行う。実のところ私はこれこそが芸術をいわれるものではないかと考えている。(以下略)」

おそらくこのお考えをもとに、患者様にお題を伝え、絵と文章から、いわゆる絵日記を完成させるよう宿題として出す芸術療法へと昇華させて、施行されていました。この30年以上前からされていた二つの取り組み(鉄剤療法、芸術療法)は、現在アルツハイマー病の研究、臨床に関わる世界中の医療従事者の中で重要と考えられています。特に、最近テレビに取り上げられ話題となったUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のプレデセン博士のReCODEプロトコルの中核を担う考え方であり、今川先生の先見の明に感服いたす所であります。

 私生活では、天文学や歴史、文学にも造詣が深く、詩集「脳の比喩」などを出版。またユニークな視点から、自らのカメラで風景を捉えた写真を多数遺しています。生涯を通じて、あらゆる分野で感性を磨き続けてきた粋人でもありました。

詩集「脳の比喩」に収載されている一編の詩「脳の比喩」から一部を抜粋させて頂きます。

 

限定された空間は宇宙の舞台

数十億光年の彼方に在る物質ドラマ

人間の眼差しがかけて来た情念の歴史が

ここに渦巻いている

螺旋状に進化した脳髄の先端で

 

アンデルセンの物語

その中心へと辿れば

アウストラロピテクスの頭蓋骨が

眠っている

 

今川先生には、お元気でまだまだいろいろお教えを頂きたいと思っておりましたのに、こんなにも早くお別れすることになるとは痛恨の極みです。先生のこれまでのお導きに心より感謝し、安らかに永遠の眠りにつかれることをお祈り申し上げます。

 

医療法人臨研会 今川クリニック

院長  福本 素由己

 

カテゴリー: その他 | コメントする

今川正樹先生を偲んで 前篇

今川先生と初めてお会いしたのは、私が大阪大学大学院博士課程4年目の時でした。今川先生が体調を崩され、その間クリニックをお手伝いさせて頂いたのがきっかけでした。それを機に、今川先生の下で認知症治療について学び8年ほどになります。何よりもまず患者様を第一に考えられた今川先生は、20186月、病魔が御身体を襲う前日まで、クリニックにて臨床に従事しておられました。臨床家の鑑であり、医学という分野のプロフェッショナルとして理想的な人生であったと尊敬しておりますが、ご家族の皆様はもっとゆっくり家族としての時間を育みたかったであろうと思います。ご家族のご心中をお察し申し上げますとともに、謹んで哀悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます。

 今川先生は、昭和20年兵庫県に生まれ、昭和47年神戸大学医学部をご卒業されました。卒業後は神戸大学大学院博士課程において博士号を取得。有馬病院精神科勤務を経て、昭和54年兵庫県立尼崎病院(現:尼崎総合医療センター)神経科(平成4年より精神科に呼称変更)に副医長として勤務、昭和56年より医長になられ、平成12年までの長きにわたり、兵庫県阪神地区における中核病院にて地域医療に大きく貢献し、兵庫県からその多大な功績に対し表彰も頂いております。

その後、平成12年に今川クリニックを開設。開設以降のご活躍は皆様もよくご存じの通りで、広く地域医療に貢献され、関西全域から患者様が来院されるのはもちろんのこと、関東、東海地方や、中四国、九州地方の患者様からも御高診を求められる素晴らしい臨床医でした。

 研究者としても偉大な功績を多数残されていますが、中でも1992年英国の医学雑誌「The Lancet」に掲載された鉄剤によるアルツハイマー病患者の治療例などは高く評価され、その後のアルツハイマー病研究・治療法に大きな影響を与えました。

また、日本精神神経学会、日本認知症学会、日本老年精神医学会など多数の学会に所属し、専門医・指導医として、特にアルツハイマー病の早期診断と治療、後進の指導に精励されておられました。その指導を受けた一人として、深く印象に残っているのは、脳の透明性という概念と、芸術療法でした。後篇へ続く

 

カテゴリー: その他 | コメントする

認知症治療に必要なキョウヨウとキョウイク③

以前の当ブログで、日本にはデイサービスやショートステイという介護の良質なシステムがあるのに、イメージがあまりよくなく、宝の持ち腐れ状態ではないかとお話ししました。もちろん、制度的にも改善すべき点は多々あります。

ただそれ以上に、利用開始にあたり、当クリニックの患者様のなかにも、躊躇する方が多数いらっしゃいます。その多くが「みんなで集まって体操してご飯食べる、お年寄りが行くところ。それやったら家で毎日歩くから大丈夫。まだいかなくてよい。」とおっしゃっています。

しかし、アルツハイマー病の進行抑制ではなく、治療の新薬が発売されるのであれば、デイサービスなどの考え方も変えていき、「軽度認知障害の方が気軽に行ける学校や、サークル、ジム的なところ」が必要になってくるのではないでしょうか。

その役割を、デイサービスが果たせればベストですが、もしかしたら新たにそういった業種が生まれてくるかもしれません。肉体改造ジム RIZAPの成長、認知が広がるとともにジムなどのイメージが変わったような変化が出てくるかもしれません。

その一つの形態としては、今年になって、フジテレビのホンマでっか!TVやワイドナショーそのほか多数のテレビ、メディアに取り上げられているカジノ型デイサービスです。

お年寄りを引きこもりにさせない、特に外に出たがらない男性をどう引き込むかの取り組みとして、注目されています。また、諏訪東京理科大 脳科学の篠原教授のお話では、 「麻雀が脳の一部を活性化させ認知機能を高めるという研究結果はいくつかある。リハビリや機能訓練は、楽しみがなければ続かず、その効果も高まらないので、ゲームによるドキドキ感を一律に否定する必要はない。重要なのは、食事や体調管理、運動などとの複合的な取り組み。」であるとされています。

実際に、埼玉県の和光市は、10年以上前から高齢者対策に乗りだし、アミューズメント・カジノとよばれる、カジノを取り入れたデイサービスや特別養護老人施設を市を挙げて設立し、「和光モデル」とよばれる独自のノウハウを確立、成果をあげています。介護を必要とする状態の人がどれぐらいいるかを示す「要介護」認定率は、2014年のデータで和光の場合は10.2%と、全国平均の17.4%を大きく下回っています。

麻雀はMリーグというプロリーグも今年10月に新設され、マインドスポーツとして、オリンピック競技への採用を目指すとされています。

デイサービス、麻雀、などが持つ既存のイメージが変わり、ポジティブなイメージに変われば、高齢者の引きこもりを防ぐ効果的な対策として注目されるようになるのではないでしょうか。

文献1)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

2)東洋経済オンライン:2014年2月28日掲載記事介護が少ない街、和光市の秘密

カテゴリー: その他 | コメントする

認知症治療に必要なキョウヨウとキョウイク②

前回のブログと同じような考え方で、より耳障りの良い、知的センスあふれる表現が、2013年7月14日朝日新聞「天声人語」にありました。

以下に引用させていただきます。

体が引き締まり、日に焼け、すこぶる元気そうである。すこし前に退職した会社の先輩と先日偶然会い、立ち話をした。日々の暮らしぶりを楽しげに語ったが、そこには秘訣があるらしい。▼「キョウヨウ」と「キョウイク」なのだという。教養と教育かと思いきや、さにあらず。「今日、用がある」と「今日、行くところがある」の二つである。なるほど何も用事がなく、どこにも行かない毎日では張り合いがあるまい。かつての同僚から聞かされて実践しているという。▼その同僚も誰かから聞いたというから、かなり流布している教えなのだろう。調べてみると、『頭の体操』で知られる心理学者の多湖輝(たごあきら)さんの著書に行き着いた。一昨年に出した『100歳になっても脳を元気に動かす習慣術』で紹介している。▼多湖さんも100歳に近い大先輩に教わったのだそうだ。「ボケないための頭の使い方」を実に巧みに表現した言葉だと絶賛する。老後をどう生き生きと過ごそうかと誰しも考える。この話はわかりやすく、納得感もあるから、伝言ゲームよろしく広がっていくのも道理だろう。▼日々の原稿に追われる身としてはまだ先の話と思いたくなるが、山登りや畑仕事に忙しい件(くだん)の先輩に諭された。「いまのうちから考えておけ」。たしかに定年を迎え、突然訪れた空白の時間の大きさに心身の失調をきたす人もいると聞く。▼生来のものぐさ向けのボケ防止策はないものか。多湖さんも勧めるようにせめてよく笑うことにしようか。

この、今日行くところ、今日行く用事、ある意味小学校的な存在を適切に利用することが、今後認知症予防で重要な観点になると考えています。

文献1)2013年7月14日朝日新聞「天声人語」

カテゴリー: その他 | コメントする

認知症治療に必要なキョウヨウとキョウイク①

認知症診療に携わらせていただいて、すごく実感していることの一つが、「お年を召されていくとヒトは、どんどん子供のようになっていき、やがて赤子のようになっていく」ということです。

例えば、アルツハイマー病の初期から、衰えていく日常生活能力を順に記しますと

  1. 金銭管理
  2. 一人で買い物
  3. 新しい場所に行くのが困難
  4. 料理、食事の用意
  5. 電話(頻回にする、もしくは電話にでれない)
  6. 季節にあった服を選べない、着替えが一人でできない
  7. 入浴を嫌がる
  8. 排泄のトラブル

もちろん、患者様によって多少のずれはありますが概ね、皆さん同じ経過をたどります。逆にしていくと、赤子から小学生、思春期くらいまでの成長と一致する部分も多く見受けられます。これらを踏まえ筆者の中では、認知症とは単なる短期記憶の障害ではなく、「ヒトが仲間と一緒に暮らしていくために、サルからの進化過程で手に入れた社会性の基盤」が欠落していく疾患という風に愚考しています。

以前にもブログでお話ししましたが、アルツハイマー病の周辺症状、特に易怒性に最近よく使われる抑肝散という漢方薬などは、昔から赤子の夜泣きによく使われていたというのは非常に合点がいくところです。

以上のことから筆者は、軽度認知障害とアルツハイマー病の境界くらいからアルツハイマー病に進行するのを予防するためには、子供時期でいう小学校のような存在が必要ではないかと愚考しております。

カテゴリー: その他 | コメントする

芸術療法のエビデンスと運動療法としてのヨガ③

この毎日続ける、つまり習慣化することが非常に大事であると、認知症予防、治療の第一人者であられる、東京医科歯科大学特任教授・メモリークリニックお茶の水院長 朝田隆医師もご講演おっしゃっていました。習慣化するためには、励ます役割、インストラクターが必要とも強調されていました。

以上より、AHNの促進と良質な習慣化が期待できるという点から「ぬり絵」も芸術療法としてお勧めしております。そのどちらも苦手な方には、男性でパズルなどのほうが得意な方には数独がよいのではないかと個人的には考えています。また、運動療法としては、ヨガに注目しています。ヨガは有酸素運動として、マラソンなどと違い膝などの関節や太ももなどの筋肉を損傷するリスクが少なく、呼吸法を意識することにより瞑想の効果も注目されています。

それを調べた研究がありますので、それをご紹介しようと思います。

瞑想について中程度の訓練を積んだ参加者の海馬や前頭前野が、(数年間の訓練を積んだ瞑想者と同様に)無言のマントラ瞑想中に活性化されるかどうかを調べた研究があります。

研究者らは、2年以下の瞑想の練習(the Kundalini yoga or Acem tradition)を積んだ人たちが実験に参加し、無言のマントラ瞑想中の脳活動をfMRIで計測しました。

これにより記憶に関連する両側の海馬と海馬傍回の活動が見られました。

その他の領域では、両側の中帯状皮質、両側の中心前皮質の活動が見られました。前帯状皮質(ACC)の活動はみられませんでした。わずかに前頭前皮質の活動が見られました。

海馬は、修行を十分に積んだ瞑想者と同様に、中程度の訓練によっても活性化(activation)することがわかりました。このような海馬の活動が、記憶の固定化に関連するのかどうかについては、さらなる研究が必要です。

当クリニックで推奨している芸術療法と運動療法をご紹介させていただきました。もしご興味があればお気軽にご相談ください。

文献1)日本生物学的精神医学会雑誌 26巻1号

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

3)杏林大学医学部精神神経科教授 古賀良彦:「国際ぬり絵シンポジウム」の基調講演「ぬり絵とアンチエイジング

4)日本ブレインヘルス協会 2007年10月3日掲載記事

5)Engström, M., Pihlsgård, J., Lundberg, P., & Söderfeldt, B. (2010). Functional magnetic resonance imaging of hippocampal activation during silent mantra meditation. The Journal of Alternative and Complementary Medicine, 16(12), 1253-1258.

カテゴリー: その他 | コメントする

芸術療法のエビデンスと運動療法としてのヨガ②

こちらに関しましては、杏林大学医学部精神神経科教授の古賀良彦氏が

御講演された内容をまとめた記事から一部抜粋させていただきます。

ぬり絵は下絵に色をぬるという、一見するとシンプルな遊びだが、実は意外に広範囲の脳を使う。例えば下絵を眺めているときは、視覚野のある後頭葉や、色や形の記憶が保存されている側頭葉を使い、「何色でぬるか」「どこからぬるか」など、作業プランを立てているときは、前頭葉にある前頭連合野が働く。もちろん実際に色をぬるときは、同じく前頭葉にある運動野によって、手の動きがコントロールされる。
古賀氏はこのことを裏づけるデータとして、脳が活動状態にあるときに出るP300という脳波に着目した。そしてぬり絵をする前とした後では、ぬり絵をした後の方が、脳のより広い範囲でP300が出現することを明らかにし、あらゆる世代のストレス対策や脳のアンチエイジングにぬり絵を勧めている。

加えて古賀氏は、NIRS(近赤外線スペクトロスコピー)という、脳血流中の酸化ヘモグロビン濃度を計測する特殊な装置を用いて、ぬり絵をしている最中の脳の活性状態も捉えている。酸素は血液によって運搬されるが、血液中では酸素は酸化ヘモグロビンの形で存在している。脳が活発に活動している部分ほど、大量の酸素を必要とするので、酸化ヘモグロビンを多く含んだ血液が集まってくるが、NIRSではその集まり具合を測定する。
ぬり絵開始直後から30秒後までのNIRSの画像を見ると(中略)ここでは主に前頭部を中心に見ているが、ぬり絵を始めてわずか15秒後には脳に変化が現れ、30秒後には酸化ヘモグロビンが集まっている部分、すなわち脳が活発に働いて、酸素をよく消費している部分がかなり増えている。古賀氏は認知症の人にぬり絵を継続的に行ってもらうことで、記憶や認知といった脳の高次機能に、どのような変化があるかも調べている。
実験では東京都内の病院に入院中の中程度~重度の認知症患者6名に、1ヵ月間、週に4回程度ぬり絵をしてもらい、ぬり絵を始める前と1ヵ月後に、認知症の診断に一般的に用いられる知能検査「改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」を実施した。その結果、被験者の平均得点はぬり絵開始前は12点だったのに対し、1ヵ月後の検査では14点に上がっていた。これは統計学的な有意差には及ばないがぬり絵を行わなかったグループ(同じく中程度~重度の認知症患者)では、1ヵ月の間に13点から12点へと得点が低下し、認知症の症状が進行していることがうかがえる。古賀氏は「病院など外部からの刺激が少なくなりがちな環境では、どうしても認知症が進行してしまうケースが多いが、1ヵ月間ぬり絵をしただけで、このような変化が見られたのには非常に驚いている。認知症に対する治療法が確立されていない現在、認知症患者に対するぬり絵の可能性は、十分に期待できる」とその効果を高く評価している。
また被験者のワーキングメモリも改善された。ワーキングメモリは、人間の知的活動のベースとなる重要な脳の機能で、例えば人が何かを考えて行動しようとするとき、過去の記憶の中から必要な記憶だけを引き出して、参照したり判断したりするのは、このワーキングメモリの働きである。実験では「知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください」という問いに対し、野菜の名前をいくつ答えられるかを調べた。ぬり絵を行ったグループは、ぬり絵を始める前の回答数は6個以下で、1点にも満たなかったのに対し、ぬり絵を1ヵ月間行った後では1. 85点と得点が伸びていた。一方、ぬり絵を行わなかったグループは、1ヵ月間でワーキングメモリが低下した。
古賀氏御本人もおっしゃっているように、結果に有意差がないですが、

ぬり絵の一番お勧めできるところは、ぬり絵そのものの効果に加え、準備や片づけが簡単なぬり絵は、負担が少なく毎日続けやすい。古賀氏は「脳のアンチエイジングは『毎日続けること』がとても大切。その点でもぬり絵は奨励できるとされています。

 

カテゴリー: その他 | コメントする