新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年は、新型コロナウィルスの流行に一喜一憂し、皆様本当にご苦労された一年と存じます。今年は、新型コロナウィルスのワクチン接種がさらに進み、GO TOキャンペーン、日本経済復興と色々心弾むようなニュースが多い一年に日本が、世界がなっていくようにと、心より願うばかりであります。

新しい年を迎えまして、今後さらに患者様、ご家族の皆様のお役に立てるよう努力してまいる所存です。とくに、おひとり、おひとりにあった認知症治療、不眠治療そのほかメンタル不調でお困りのすべての方への治療のあり方を工夫してまいりたいと思っております。クリニックの雰囲気、治療のあり方、などなど改善すべきことがありましたら、遠慮せずにお申し出ください。

また、令和元年に政府は認知症大綱で、『予防と共生』というテーマを掲げ方向性を示しております。当クリニックが長年取り組んできた認知症の早期発見、早期治療の重要性が理解され広く知れ渡ったと考えております。私自身もこれまでの日本精神神経学会、専門医に加え令和元年以降の2年間で、日本精神神経学会指導医、老年精神医学専門医、認知症サポート医、日本精神神経学会認知症治療医を取得しました。認知症以外の分野でも、産業医としての職務に新たに取り組んだり、思春期外来を一層力を入れるべく、専門の治療薬の資格を取得したりと、新たな知識、経験、資格を得てより一層、認知症の予防、早期発見早期治療、並びにすべての世代の患者様の歩みたい人生をサポートしていければと考えている次第でございます。

その一環としまして、2019度は当院で骨密度検査、骨年齢測定をできるよう機器を導入し、2020年度は血管年齢、動脈硬化指数を測定できる機器を導入、デエビゴ(副作用の少ない睡眠導入剤)や、トリンテリックス(副作用の少ない抗うつ薬)、持効性注射薬など新薬の積極的採用をしていき、多くの患者様にその有用性をご理解頂き、御好評頂いております。2021年度は株式会社プリメディカと共同で、認知症予防についての教材用パンフレットの監修をし、作成いたしました。来年2-3月以降には皆様にもお渡しできることになると思います。今年度は、当院で毎月多数の患者様にご愛顧いただいている当院オリジナルの課題、マネぬり絵の院内展示を企画しております。かなりの力作揃いですので、是非皆様ご覧になって頂けると幸甚です。その他にも、今年度新しいことに色々取り組んで参りますので、 このブログを通じてお伝えできればと思っております。本年もよろしくお願い申し上げます。令和4年1月 

今川クリニック 院長 福本素由己

カテゴリー: その他 | コメントする

年末のご挨拶

年末のご挨拶

寒気厳しき折柄 あわただしい師走となり、何かとご多用のことと存じます。

皆様の家庭では、すでに年末の準備がすすみ、一年で最も楽しみな時に備えられておられる事と思います。この一年間、私どものクリニックをご利用いただきまして誠にありがとうございました。

今年は、コロナ禍の一年でした。皆様、色々な我慢やご苦労を重ねた事と御推察します。また、この師走に近隣では大変痛ましい事件もございました。被害に遭われた先生、患者様には、心からご冥福をお祈りし、いまだ重体の方には一日でも早い回復をお祈りいたします。

当方は、小さな診療所で新型コロナ肺炎の感染予防対策でも、出来うる限りの最善を尽くしましたが、行き届かない事や患者様の期待や信頼に添えなかった事も少なくなかった事をお詫び申し上げます。しかしまた、皆様の御協力を得て、当院からは一人も陽性患者が発見されていないことを感謝しつつ、御報告させて頂きます。来年も、当院、私達の力だけでは限りがございますので、今年同様、地域の中核病院(住友病院様、NTT西日本大阪病院様など)や地域の調剤薬局様やケアマネージャー・訪問看護師・介護施設とも連携をはかり、患者様のご期待に応えられるよう努力してまいります。当クリニックにご協力いただく全ての医療関係者の皆様にもこの場を借りて感謝の気持ちを述べさせていただきたく存じます。皆様誠にありがとうございます。                   今年度も、少しでも患者様、ご家族様に寄り添えるよう、アンケートを実施させて頂き、その折には皆様にもご協力頂けましたことを心より感謝しております。大変多くの有難い貴重なお声を頂きましたので、少しでもご要望に応えられるよう院長以下、スタッフ一同一層身を引き締めて診療に従事させて頂く所存であります。                                 どうかこの年末年始の機会に、昨年には出来なかったご家族やご友人と共に健やかな時を優しいお気持ちでお過ごしいただけたらと願っております。そして、この毎年繰り返されていた師走らしい厳かな光景が来年以降も毎年繰り返せることを切に願っております。

皆様のご健康とご家庭の平安と益々のご活躍を期待して、一年間のお礼に代えさせていただきたく思います。

良い年をお迎え下さいますようお祈りいたします。

令和3年12月

カテゴリー: その他 | コメントする

認知症の進行を遅らせるリハビリについて

今回は、前回の続きで、認知症の進行を遅らせるリハビリについてNHKのきょうの健康からお話しして参ります。よろしくお願い致します。

認知症の進行を遅らせるリハビリ

認知症の治療としては、薬物療法だけでなく、脳の活性化に役立つリハビリも大切です。
リハビリには、回想法や芸術療法といった方法があります。認知症の方は、古い記憶は残りやすいという特徴があります。たとえば、回想法では昔の写真やおもちゃなどを用いて、家族や旧知のグループで昔の思い出を語ります。

芸術療法には、絵を描く、工作をする、懐かしい歌を歌う、楽器を演奏するといった方法があります。このような活動は体で覚えているので、以前から慣れ親しんでいるものであれば自然にできることが多いのです。できるだけ本人が親しみやすいテーマを選ぶことがポイントです。

家事でもリハビリは可能

料理や掃除、洗濯などの家事をうまく工夫すれば、自宅にいながらでもリハビリを行うことができます。高度な記憶力や複雑な判断力がないと家事はスムーズに行えません。しかし、家族と一緒に行うと、家事を分担できることがあります。家事を分担することができれば、達成感や自信を得られるので、日常生活に張り合いができます。

家事を一緒に行うときのポイントは、以下の4つです。

  1. 1つ1つシンプルにお願いする
  2. うまくいっていることを伝える
  3. さりげなく手伝う(失敗を防ぐ)
  4. 感謝の気持ちを伝える

たとえば、カレーライスを作る場合、「じゃがいもとにんじんを包丁で切ってね」というように、「切る」という1つの作業をお願いします。切り終えたら「上手だね!」などとうまくいっていることを伝えましょう。作業が止まり戸惑っている場合は、「次はにんじんを切るんだよね」などと、次の手順を先回りして伝え、さりげなく手伝います。

1つの作業をやり終えたら、感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。自分が必要とされていると感じることで家事に対する意欲がわき、次の行動につなげることができます。こうして自分の居場所や役割を生活の中で感じてもらうことが大切です。

当院では、以前から特に芸術療法について力を入れて、治療を行っております。もし興味があればご相談ください。

今回も御一読頂き、誠にありがとうございました。

文献1)2021年5月9日  NHK 健康チャンネル 

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

早期発見のための初期症状チェック

今回は、前回の続きですが、特に認知症初期症状セルフチェックについてお話しします。気になる方はぜひ、ご自分でもお試しください。

認知症は、早い段階で発見できれば、進行を遅らせることができ、良好な状態を保つことが可能です。早期発見のために、まず初期症状チェックを行ってみましょう。

【認知症初期症状チェック】

  1. 同じことを何回も話す・尋ねる
  2. 物の置き忘れが増え、よく捜し物をする
  3. 以前はできた料理や買い物に手間取る
  4. お金の管理ができない
  5. ニュースなど周りの出来事に関心がない
  6. 意欲がなく、趣味・活動をやめた
  7. 怒りっぽくなった・疑い深くなった

「同じことを何回も話す・尋ねる」「物の置き忘れが増え、よく捜し物をする」に当てはまる場合は、記憶障害が疑われます。

「以前はできた料理や買い物に手間取る」「お金の管理ができない」場合は、物事を順序立てて考えたり実行したりすることができない実行機能障害が疑われます。

「ニュースなど周りの出来事に関心がない」「意欲がなく、趣味・活動をやめた」といった意欲低下は、認知症の初期にみられる特徴的な症状です。

「怒りっぽくなった・疑い深くなった」場合は、認知症の症状によって物事がうまくいかない心理的な要因が影響していると考えられます。たとえば記憶障害によって、財布などの置き場所がわからなくなると不安感が増し、疑い深くなります。

自分で初期症状チェックを行うほか、家族などにもチェックしてもらいましょう。当てはまる項目が複数ある場合は、当院に是非ご相談ください。

今回も御一読頂き、誠にありがとうございました。

文献1)2021年5月9日  NHK 健康チャンネル 

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

認知症の原因・初期症状セルフチェック 進行を遅らせるリハビリ

旬の食べ物が豊富な豊穣の、食欲の秋が本格的にやってまいりました。皆様はどうおすごしでしょうか?

今回も、認知症予防法であらたな研究成果を御紹介したいと思います。

2021年5月9日、NHK 健康チャンネルからご紹介いたします。

認知症とは?さまざまな原因

認知症とは、脳がダメージを受けて記憶力や判断力が低下し、日常生活に支障が出る状態をいいます。一度発症してしまうと元の状態に戻すのは多くの場合困難で、治療は進行を抑えることが主な目的となります。最近になって、認知症予防に効果的な方法が明らかになりつつあるので、予防を意識することが大切です。

認知症は、さまざまな脳の病気が原因で起こります。原因の約7割を占めるアルツハイマー病は、脳にアミロイドβたんぱくという物質がたまり、神経細胞が傷害されて脳が萎縮していく病気です。次に多いのが、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を原因とする脳血管性認知症で、約2割を占めます。最近注目されているのがレビー小体型認知症で、脳の中にレビー小体と呼ばれる特徴的な構造物が出現し、それによって神経細胞が減少します。そのほか、50歳代などの若い人に起こりやすい前頭側頭型認知症と呼ばれるものもあります。

認知症のリスクを高める生活習慣病

近年、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が、認知症のリスクを高めることが明らかになってきました。生活習慣病が適切に治療されない状態が続くとアルツハイマー病を発症しやすくなりますので注意が必要です。特に、糖尿病の場合はリスクが2倍になります。また、生活習慣病は動脈硬化を加速させて脳梗塞や脳出血を引き起こす危険性があり、そのため脳血管性認知症の原因になります。

一方で、生活習慣病の予防や適切な管理は認知症の予防につながるため、食生活の改善や適度な運動、禁煙など、日々の生活を見直すことが大切です。すでに生活習慣病がある場合は、その病気に対する薬の内服など適切な治療を受けましょう。当院では、内科の治療特に生活習慣病の治療に力を注いでおりますので、是非ご相談ください。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2021年5月9日 NHK 健康チャンネル

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

ポイントは血流に!早歩きの効果とは?

前回は、早歩きが認知症予防にいいという研究成果がいろいろ出ているというお話をしてきました。

今回は、さらに詳細に解説していきます。今回もよろしくお願いします。

ポイントは血流に!早歩きの効果とは

早歩きが海馬の体積を増やす理由として考えられるのが、血流の増加です。普通の歩きと比べると、早歩きをしたときには運動量が増すだけでなく、脳の認知機能もより多く使われると考えられます。なぜなら、早歩きの方が周囲の人や物を避けるための注意をより多く払うからです。そのため、脳へ酸素や栄養を運ぶ血流が増加するのです。

血流が増すと脳内にBDNF(脳由来神経栄養因子)と呼ばれる物質が分泌され、神経細胞の数や、つながりが増加することで海馬が大きくなると考えられます。

では、どのくらい早歩きをしたら良いのか?番組でおすすめしたのは、一日20分の早歩きを目指そうということ。中之条での研究から、20分以上の早歩きをしている人は認知症などの病気にかかりにくいことが明らかになりました。しかも、続けて20分歩かなくてもOK!何回かに分けて、一日の合計が20分になればいいんです。

スピードはいつも歩く速度の2割増し。目安としては息が弾むくらいの速度がおすすめです。自分がどれくらい早歩きをしたかを記録してくれる活動量計も販売されています。

早歩きは、運動の強さでいえば”中強度”に当たります。実は、2019年にWHOが発表した、認知症になるリスクや認知機能の低下を防ぐためのガイドラインでも、健康的な食事や禁煙に加えて”中強度の運動”が推奨されています。

早歩きのコツ教えます!

「一日20分の早歩きをしよう!」といっても、毎日続けるのはなかなか難しいもの。どのように習慣化したらいいのか、その知恵も今回、中之条の住民から発見しました。

いつも通る道を時間短めに歩く

自分がいつも通る道は、だいたいどのくらいの時間がかかるかわかるもの。その時間を少し短めに歩くことを意識してみて下さい。

≪目安≫
5分→4分ちょっと?10分→8分半
15分→12分半?20分→16分半

一日8000歩を目指して歩く

中之条で20年間住民の活動を記録したデータから、多くの人に共通する特徴が明らかに!

一日に8000歩を歩く人の多くが、20分の早歩きを達成していました。つまり、意識して8000歩を歩こうとすれば、自然に20分ほど早歩きをするようになるというのです。

今、歩数は万歩計・ウェアラブル端末・携帯のアプリでも簡単に調べることが出来ます。また、歩数を計測する機械を持っているだけで、「一日の歩数が2000歩増える」という研究結果もあります。ぜひ自分の一日の歩数を意識してみて下さい。

※早歩きをするときは無理はせず、転倒や交通事故などには十分注意して下さい。

最後にまとめとして、ポイントをおさらいしましょう!

【ここがポイント!】

一日20分の早歩きをすると、認知症をはじめ、さまざまな病気になりにくいことが明らかに

★5分ずつのこま切れでもOK!大切なのは一日に合計20分早歩きすること

★早歩きのコツ

その1.いつも通る道を時間短めに歩く(10分を8分半で歩くのが目安)
その2.一日8000歩を目指して歩くと、早歩きは自然と20分に!

コロナ禍の自粛が続き、運動不足の方も大勢いると思います。

これから運動の秋ですから、しっかり早歩きして、脳の若返りを促しましょう!

今回も御一読頂き、誠にありがとうございました。

文献1)2021年7月17日  NHK 金のベンリ堂 

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

それだけで!?世界が認めた認知症予防法を大公開!~

残暑が厳しい季節となっております。日本国民へのワクチン接種が順調に進む中、皆様いかがおすごしでしょうか?

今回は、認知症予防法であらたな研究成果を御紹介したいと思います。2021年7月17日、NHK 金のベンリ堂からご紹介いたします。

認知症件数5分の1!”奇跡の町”で発見した予防法

プレゼンターの川合俊一さんが向かったのは、群馬県中之条町。ここに認知症予防の秘けつがあるといいます。ヒントとして渡されたのは“2割増し”と書かれたバレーボール。いったいなんのことなのか?住民を観察し、その答えを探し当てるというミッションが与えられました。そして、川合さんがついに発見したのは、多くの住民が早歩きをしているという事実。そう、“2割増し”とは、歩く速度が2割増し、ということだったんです。

実は中之条町では、20年も前から住民の生活と健康の関係性を調査しています。その研究から、早歩きを一定時間している人ほど認知症など様々な病気にかかりにくいということがわかりました。20年にわたって続けてきた継続性とその成果から、この研究は世界で”奇跡の研究”と呼ばれています。

脳が若返る!? 驚きの研究がアメリカに

同じく「早歩きが脳にいい」ということが、アメリカでも明らかになりました。向かったのはピッツバーグ大学のカーク・エリクソン教授の研究室。ここで明らかになったのは、早歩きをすると脳の中で記憶をつかさどる「海馬」の体積が大きくなるということ。どのくらい大きくなるかというと、2%。「え、たったの2%…?」と思われるかもしれませんが、実はこれ、とってもすごいことなんです!

高齢者では通常、海馬の体積は一年で1~2%ずつ縮小していくものなので、逆に2%増加しただけでも驚きの結果。しかも、わずか半年で!これはまさに脳の若返り。「時計の針を戻したようなものだ」と先生も興奮気味に話していました。

このように、早歩きが、脳の若返り、認知症予防にとてもいい結果が出ています。次回にはさらに、詳しく解説していきたいと思います。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2021年7月17日 NHK 金のベンリ堂

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

あのKIRINが開発した脳力トレーニングの利用方法は?無料??

今回は、KIRIN脳力トレーニングについての利用方法と、商品名「βラクトリン」についてご紹介させて頂きます。無料で出来るものとなっていますので、是非皆様もお試しください。

脳トレアプリ「KIRIN 毎日続ける脳力トレーニング」

1.開始日

2021年4月20日(火)12:00

2.ダウンロード方法

二次元バーコードおよび下記ダウンロードページよりダウンロード
URL:https://www.b-lactolin.jp/training/

3.内容

脳トレ(脳のトレーニング)とヘルスケア機能を1つにした無料の脳トレアプリ。
5種類の脳トレに加え、歩数や食事等を記録できるヘルスケア機能を搭載。

4.展開デバイス

スマートフォン(iOS13以降/ Android OS6.0以降)
※一部端末においては、対応OSバージョン以上の場合であっても動作しない場合があります。タブレット端末での動作は保証していません。

5.料金

無料

商品についての詳細は、以下リンクをご確認下さい。https://release.nikkei.co.jp/attach/605916/03_202103021742.pdf

当クリニックとしましても、今後一層認知症予防に力を入れていきますので、これらの商品もお勧めしていければと思っております。

今回も御一読頂き誠にありがとうございました。

文献1)2021年3月2日 キリンホールディングス株式会社 プレスリリース

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

あのKIRINが開発した脳トレアプリってなに!?

ソース画像を表示

今回は、KIRINの新発売βラクトリンシリーズと共に発表された脳トレアプリについてご紹介させてください。

脳トレのプリントを毎月作成している当クリニックとしても大変参考にしたい、喜ばしい発表です。

脳トレアプリ「KIRIN 毎日続ける脳力トレーニング」の展開について

大学や自治体との脳科学研究から得た知見を生かして開発した脳トレアプリ「KIRIN 毎日続ける脳力トレーニング」を4月20日(火)より展開し、商品とセットで楽しく継続できる新たな健康習慣プログラムを提案します。

「キリン脳研究」について

日本の平均寿命は伸び続けており、4人に1人が高齢者※4の「超高齢社会」となっています。2025年には高齢者のうち5人に1人が認知症になる※5と推計され、健康寿命の延伸は社会課題となっています。
キリングループでは、日々の明るい気持ちや悩みは脳の働きと密接に結びついていることに着目し、食領域を中心に「脳の健康」を守り新たなよろこびを生み出す、「キリン脳研究」を進めています。
「キリン脳研究」は、キリンならではの発想と技術で脳の健康を守ることを通じ、社会課題の解決に貢献するとともに、一人ひとりが社会の中で、自信や希望、そして気持ちのゆとりを感じながら暮らせるこころ豊かな社会の実現を目指していきます。

  • ※4内閣府.令和2年版高齢社会白書
  • ※5厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学特別研究事業. 日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究. 平成26年度総括・分担研究報告書. 2015.

キリングループは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV※6先進企業となる」ことを目指しています。その実現に向けて、既存事業の「食領域」(酒類・飲料事業)と「医領域」(医薬事業)に加え、キリングループが長年培ってきた高度な「発酵・バイオ」の技術をベースにして、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス領域」(ヘルスサイエンス事業)の立ち上げ、育成を進めています。その一つとして、キリン独自素材の「βラクトリン」を活用し、認知機能の維持をサポートすることで、「最も信頼され求められる、脳ケアサービス」の提供を目指します。

  • ※6Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造

いかがでしたでしょうか?この、認知症予防という考えがもっと広まっていく事を切に願っております。今回ご紹介した、KIRINの脳トレアプリについての御利用方法などは次回ご紹介させて頂きます。御一読頂き誠にありがとうございました。

文献1)2021年3月2日 キリンホールディングス株式会社 プレスリリース

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

あのKIRINが開発した乳由来ペプチド「βラクトリン」の作用メカニズムとは!?

今回は、KIRINの新発売βラクトリンシリーズの主成分である、乳由来ペプチドβラクトリンの作用メカニズムについてご説明致します。少し、専門用語などもでて難しい説明になるかもしれませんが、なるべくわかりやすく、かつ正確にキリンホールディングのプレスリリースを尊重する形でお伝えしたいとおもいます。

乳由来ペプチド「βラクトリン」の作用メカニズムについて

①神経伝達物質“ドーパミン”を増加                       体内へと取り込まれた「βラクトリン」は、脳内に移⾏して、脳の神経細胞に働きかけることで神経伝達物質のひとつである“ドーパミン”の量を増やします。

②脳の働きを活性化                               ドーパミンの量が増えることにより、記憶力をつかさどる脳の部位である前頭前野や海馬の働きが活性化します。こうしたメカニズムによって、「βラクトリン」は記憶⼒の維持をサポートします。

という事で、まとめますと、①神経伝達物質「ドーパミン」を増加させる、②前頭葉皮質、海馬に働く、という二点が重要になります。これらは、以前から当院でのブログでもご説明しているリコード法や鉄ビタミン療法でも重要視している点であり、このKIRINのβラクトリンシリーズには非常に期待しております。

次回は、KIRINの開発した脳トレアプリについてご紹介いたします。

今回も御一読頂き、誠にありがとうございました。

文献1)2021年3月2日 キリンホールディングス株式会社 プレスリリース

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする