「食事で認知症予防」 リコード法の食事

今回は、前回に引き続いて、アミロードβを減らすという観点から、リコード法を用いた認知症予防の為に良い食事をここから数回に分けて、御紹介していきます。

まずは、以前にこのブログでもご紹介したので、復習になりますが、リコード法とは、米国のデール・ブレデセン医師により開発された、アルツハイマー病を主なターゲットとしたオーダーメイドの治療システムです。2014年にその原型となるプログラムが論文として発表され、昨年夏にアメリカで書籍が出版されベストセラーになりました。日本でも翻訳本が発売されています。

リコード法の特に画期的なところは、「アルツハイマー病の原因物質とされるアミロイドβ(以下、Aβ)が蓄積する背景に着目した」点です。これまではAβがアルツハイマー病の原因物質と考えられていました。したがって、従来のアルツハイマー病の予防や治療法はAβの蓄積予防や除去を主な目標としています。

しかし、最近の様々な研究からは、Aβは炎症や栄養不足、毒性物質の暴露などに対する防御反応として増加するらしいということがわかってきました。Aβが増える原因があるのならば、それを放っておいては根本的な治療になりません。そこでリコード法ではAβが増える原因や認知機能低下につながる要因を探るため、様々な検査を実施し、一人一人にあった生活習慣改善プログラムを作成して提供しています。

ソース画像を表示

中でも食事は最も重要な要素の一つで、リコード法の食事法は「ケトフレックス12/3」と名付けられている特徴的なものです。次回は、ケトフレックス12/3の基本、ケト(=ケトン体)についてご紹介したいと思います。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)アルツハイマー病の真実と終焉

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

アデュカヌマブ、日本において新薬承認を申請

2021年昨年とかわらず、暗い話題が続いていますが、認知症関連で明るい話題と言えば、エーザイ株式会社の認知症に対する画期的な新薬の話題です。エーザイ株式会社のホームページからプレスリリースを御紹介させて頂きます。

特に重要な点を下線で示しておきます。

2020年12月10日 –バイオジェン(Nasdaq: BIIB、CEO:ミシェル・ヴォナッソス、以下 バイオジェン)とエーザイ株式会社(代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)は、本日、バイオジェンがアルツハイマー病(AD)治療薬候補であるアデュカヌマブについて、厚生労働省に新薬承認(J-NDA)を申請したことをお知らせします。アデュカヌマブは、アミロイドベータ(Aβ)を標的とする抗体であり、臨床試験において、脳内のAβを除去し、ADによる軽度認知障害(MCI)および軽度ADの臨床状態の悪化を有意に遅らせることが示されています。

バイオジェンのCEOであるミシェル・ヴォナッソスは「日本は私たちにとってアデュカヌマブの申請を行った3番目の地域となります。日本での申請は全世界の患者様に本剤をお届けするという弊社のコミットメントを示すものです。日本は急速な高齢化という社会課題に直面しており、AD患者様やそのご家族、介護者の方々のケアや支援を改善する政策の立案と基盤構築において、世界でも先頭に立っています。承認されれば、アデュカヌマブは非常に深刻な疾患による影響に対処することができる可能性があり、日本の規制当局の審査に期待しています」と述べています。

エーザイのCEOである内藤晴夫は「日本は世界で最も高齢化が進んでおり、ADに関連する社会的負担は増々大きくなることが予想されています。当社は、30年以上にわたり、認知症の研究開発に取り組み、ADの当事者、ご家族とともにこの疾患と闘ってきました。今回の申請達成は、ADの病態の進行を遅らせ、できるだけ長く自立した生活を維持したいというAD当事者の想いに応え、高齢化社会における公衆衛生課題への取り組みに繋がる重要な第一歩となります」と述べています。

日本においては、本申請は標準審査の対象となります。アデュカヌマブは、この度の日本の申請に加え、現在、米国において優先審査による米国食品医薬品局(FDA)の審査が進行中であり、PDUFA(Prescription Drugs User Fee Act)アクション・デート(審査終了目標日)は2021年3月7日に設定されています。また、欧州医薬品庁においても審査中です。

このプレスリリースで重要なことは

、脳内のAβを除去し、ADによる軽度認知障害(MCI)および軽度ADの臨床状態の悪化を有意に遅らせることが示されています。

このイラストのように、アミロイドβ(Aβ)は、脳の萎縮というアルツハイマー型認知症の原因を引き起こすものですが、この物質を減らすという事は、今までの認知症の薬とは全く違うメカニズムであること、そして特に予防にも期待ができる事が特徴です。このブログでは、アミロイドβ除去がいかに重要かを何度もお話しして、その具体的な方法としてリコード法などの方法も説明して参りました。その考えに沿った新薬が登場することは、大変喜ばしい事です。

また、もう一つ重要なのは、

②日本においては、本申請は標準審査の対象となります。アデュカヌマブは、この度の日本の申請に加え、現在、米国において優先審査による米国食品医薬品局(FDA)の審査が進行中であり、PDUFA(Prescription Drugs User Fee Act)アクション・デート(審査終了目標日)は2021年3月7日に設定されています。また、欧州医薬品庁においても審査中です。

日本だけでなく、アメリカ、欧州にも申請しておりとくにアメリカでは2021/3/7に審査が終了する、つまり日本でもコロナワクチンのように迅速採用される可能性があるので、今年中には保険適応される可能性がある事です。

とはいえ、もう数カ月は処方できないので、次回から、リコード法によるアミロイドベータを減らす試みの食事、つまり認知症予防食として注目されているケトフレックス12/3についてお話しできればと思います。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年12月10日 エーザイ株式会社 プレスリリース

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

新年のご挨拶

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年は、新型コロナウィルスの流行に一喜一憂し、皆様本当にご苦労された一年と存じます。今年は、新型コロナウィルスのワクチン接種、東京オリンピック、GO TOキャンペーン、日本経済復興と色々心弾むようなニュースが多い一年に日本が、世界がなっていけばいいなと、心より願うばかりであります。

新しい年を迎えまして、今後さらに患者様、ご家族の皆様のお役に立てるよう努力してまいる所存です。とくに、おひとり、おひとりにあった認知症治療、不眠治療そのほかメンタル不調でお困りのすべての方への治療のあり方を工夫してまいりたいと思っております。クリニックの雰囲気、治療のあり方、などなど改善すべきことがありましたら、遠慮せずにお申し出ください。

また、令和元年に政府は認知症大綱で、『予防と共生』というテーマを掲げ方向性を示しております。当クリニックが長年取り組んできた認知症の早期発見、早期治療の重要性が理解され広く知れ渡ったと考えております。私自身もこれまでの日本精神神経学会、専門医に加え令和元年以降の2年間で、日本精神神経学会指導医、老年精神医学専門医、認知症サポート医、日本精神神経学会認知症治療医を取得しました。認知症以外の分野でも、産業医としての職務に新たに取り組んだり、思春期外来を一層力を入れるべく、専門の治療薬の資格を取得したりと、新たな知識、経験、資格を得てより一層、認知症の予防、早期発見早期治療、並びにすべての世代の患者様の歩みたい人生をサポートしていければと考えている次第でございます。

その一環としまして、一昨年度は当院で骨密度検査、骨年齢測定をできるよう機器を導入し、昨年度は血管年齢、動脈硬化指数を測定できる機器を導入、デエビゴ(副作用の少ない睡眠導入剤)や、トリンテリックス(副作用の少ない抗うつ薬)、持効性注射薬など新薬の積極的採用をしていきまして、多くの患者様にその有用性をご理解頂き、御好評頂いております。今年度は診察時の質問として非常に多い、サプリメント相談や快適な睡眠相談などにもお答えするべく用意していければと愚考しております。その他にも、今年度新しいことに色々取り組んで参りますので、 このブログを通じてお伝えできればと思っております。本年もよろしくお願い申し上げます。

令和3年1月 

今川クリニック 院長 福本素由己

カテゴリー: その他 | コメントする

年末のご挨拶

寒気厳しき折柄 あわただしい師走となり、何かとご多用のことと存じます。皆様の家庭では、すでに年末の準備がすすみ、一年で最も楽しみな時に備えておられる事と思います。

今年は、一年、ずっと新型コロナウィルスの流行に一喜一憂する大変な一年になりました。大阪は特に、全国でも二番目に多く流行する時期が長く、医療機関の逼迫、医療崩壊の危機が多く報道されました。当院も、感染予防対策を徹底し、マスク、消毒、換気の三種の神器はもちろん、空気清浄機の数を増やしたり、診察室にアクリル板を設置したり、なるべく接触を控えるため自動精算機を導入したりと出来うることはなるべくさせて頂きました。特に12月以降は換気の為に待合室、血圧測定時などに皆様に寒い思いをさせて仕舞い大変心苦しく思っておりますが、皆様の御協力に大変感謝しております。

また、少しでも患者様、ご家族様に寄り添えるよう、令和2年1月には年に一度のアンケートも実施させて頂きました。大変多くの有難い貴重なお声を頂き、そのお声に沿う形で、頂いたご意見には真摯に向き合い、少しでもご要望に応えられるよう院長以下、スタッフ一同一層身を引き締めて診療に従事させて頂く所存であります。

また、小さな診療所で行き届かない事や患者様の期待や信頼に添えなかった事も少なくなかった事をお詫び申し上げます。私達の力だけでは限りがございますので、地域の中核病院(住友病院、関西電力病院、北野病院、大阪病院様など)や、地域の調剤薬局様やケアマネージャー・訪問看護師・介護施設とも連携をはかり、患者様のご期待に応えられるよう努力してまいります。当クリニックにご協力いただく全ての医療関係者の皆様にもこの場を借りて感謝の気持ちを述べさせていただきます。

どうかこの年末年始の機会に、帰省は何かと難しいかもしれませんが、ご家族やご友人と共に健やかな時を優しいお気持ちでお過ごしいただけたらと願っております。

皆様のご健康とご家庭の平安と益々のご活躍を期待して、年末のご挨拶に代えさせていただきたく思います。

良い年をお迎え下さいますようお祈りいたします。

令和2年12月

カテゴリー: その他 | コメントする

最新!認知症改善プロジェクト

師走に入りだいぶ寒さも増しております。新型コロナウィルスにインフルエンザと体調の崩しやすい季節です。皆様どうかお気を付けください。今回は、テレビ東京系列 主治医の見つかる診療所から『【蛭子能収の認知症改善&芸能人人間ドックSP】』の内容をお話ししたいともいます。

特に番組でも強調されていたのは、仕事をしている事で認知症の進行を遅らせる可能性がある事です。このポイントは非常に大事だと思っています。

詳しい内容ですが、箇条書きしていきますと

①蛭子能収氏が、軽度の認知症と診断された。

②仕事を続けていくことで、認知症の進行を遅らせる可能性がある。

今回の脳を元気にするポイント
・ゆかりのある場所でいろいろ思い出す行為は認知症の進行を遅らせる効果が期待できる
・知らない人との会話は予期せぬ話題になり脳の活性化が期待できる
・買い物で「小銭」を使うと頭の中で計算するので脳の活性化が期待できる
・線からはみ出ないように何色にするか考えて色を塗る「ぬりえ」は、脳の活性化が期待できる
・「ボウリング」はピンをどうやって倒すか考えながら体を動かすので、遊びながら脳の活性化が期待できる
・「馬肉」などに含まれるビタミンB12は正常な神経機能を維持する成分で認知症の維持・改善効果が期待できる

以上でした。

当院でも、2年以上前から、脳のトレーニングにぬりえやボードゲームなどを取り入れ、ビタミンBや鉄分などの栄養にも注視している為、最新の取り組みを実践できていると自負しております。

お気軽にご相談ください。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年11月12日 『【蛭子能収の認知症改善&芸能人人間ドックSP】』

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

美と健康は「腸活」から! 腸に良い食生活や生活習慣とは?(3)

前々回からお話ししている腸活。腸活モデルなども御活躍されています。今回も腸活についてお話しさせていただきます。新型コロナウィルスの流行がみられる中、免疫力UPにも腸活は重要ですから是非参考にしていただければと存じます。

では、腸活クイズの続きからどうぞ。

3
便秘改善のために、食事の30分後にすると良いのは?
A.
ジョギング B.ウオーキング

正解はBの「ウオーキング」。

「食事の30分後にウオーキングやヨガなどの軽めの運動を行うと血行が良くなって、リラックスし、腸の動きが活発になる」と小林先生。一方「食後にジョギングなどの激しい運動をしてしまうと、体の機能が筋肉を動かすのに集中してしまい、腸の動きが鈍くなり、腸活には適していない」というのが理由。

4
腸に良い睡眠はどっち?
A.
睡眠時間は67時間 B.たっぷり8時間以上睡眠

正解はAの「睡眠時間は6〜7時間」。

「睡眠不足はもちろん、実は寝過ぎも腸には良くないことが分かっています。最新の研究結果で理想の睡眠時間は、6〜7時間ということが分かりました」と小林先生。一方寝溜めは  NGで「8時間以上寝てしまうと、自律神経が乱れ、腸だけではなく全身に悪い影響」があるそう。

日頃の生活から「腸活」を意識し、美と健康を目指してみるのが、専門医もお勧めとのことです。

今腸活が注目されて当院でも腸内フローラの状況を確かめる検査がすごく人気となっております。

ご興味ある方はご連絡ください。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年2月12日 バゲット

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

美と健康は「腸活」から!腸に良い食生活や生活習慣とは?⑵

前回からお話ししている腸活。腸活モデルなども御活躍されています。今回も腸活についてお話しさせていただきます。新型コロナウィルスの流行がみられる中、免疫力UPにも腸活は重要ですから是非参考にしていただければと存じます。

では、腸活クイズの続きからどうぞ。

2
ヨーグルトの食べ方、腸に良いのはどっち?
A.
同じヨーグルトを食べ続ける B.いろいろなヨーグルトを食べる

正解は、Bの「いろいろなヨーグルトを食べる」。

「人間の腸には1,000種類以上の腸内細菌が生息しています。ヨーグルトの菌は、それらの腸内細菌の手助けになりますが、手助けになる菌が(いろいろな種類を食べることで)違うことが大事」だという。ヨーグルトは、商品によって乳酸菌をはじめビフィズス菌入りなど様々な菌が入っているため、腸内細菌の手助けとなるために、色々なヨーグルトの菌をとる必要がある。


​​​​©︎日本テレビ

ただし「腸内細菌は人によって違うので、中には、自分にとって合わないヨーグルトがある可能性もあります」という注意点も。それに気付かず毎日同じヨーグルトを食べていると、腸のバランスを悪くする可能性がある。

そのため自分にあったヨーグルトを見つけることが必要で「腸が変わってくるには二週間ほど必要」ということから、二週間ほど試すのが理想だそう。かつ合っているものをとっていれば二〜三日に一度もしくは毎日、バナナ状の便が出るそう。この点を見ながら合うヨーグルトを探し、かつ何種類かをローテーションするのが良いということだ。

今腸活が注目されて当院でも腸内フローラの状況を確かめる検査がすごく人気となっております。

ご興味ある方はご連絡ください。次回も腸活についてご説明いたします。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年2月12日 バゲット

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

美と健康は「腸活」から! 腸に良い食生活や生活習慣とは?

最近注目されている腸活。腸活モデルなども御活躍されています。今回は改めて腸活についてお話しさせていただきます。新型コロナウィルスの流行がみられる中、免疫力UPにも腸活は重要ですから是非参考にしていただければと存じます。

2月12日(水)日本テレビほかで放送の「バゲット」では、「腸活」術を特集。

便秘外来でのべ20万人以上を診察してきた小林メディカルクリニック東京の小林暁子院長に、どのような食生活・運動・睡眠が腸にとって良いか、クイズ形式で解説いただいた。

正しい腸活により「老廃物を排泄することでお肌が綺麗になりますし、(腸には)免疫力に関わる細胞が集まっていますので、免疫力も高まるという効果があります」と、まず小林先生はそのメリットを解説。

1
食事はいつとる?
A.
決まった時間にとる B.お腹が空いたら食べる

正解は、Bの「お腹が空いたら食べる」。

まず「朝食は、体内時計の調整になるので毎日決まった時間に食べるように」と小林先生。一方「昼食や夕食は、いつも食べている時間だからといっておなかがすく前に食べてしまうと、胃腸内にまだ消化されていない食べ物が残っている状態なので、腸に負担がかかりオーバーワークになってしまいます。また、おなかがすいているのに時間が来るまで食べるのを我慢してしまうと、そのあと食べ過ぎにつながってしまうこともあります」とのこと。また、腸のためには夕食のタイミングも重要で、「寝る前に食事をとると、消化・吸収が悪くなってしまいますし、睡眠の質も悪くなってしまう可能性があります。夕食はなるべく寝る3〜4時間前には終わるようにしてください」と小林先生。

今腸活が注目されて当院でも腸内フローラの状況を確かめる検査がすごく人気となっております。

ご興味ある方はご連絡ください。次回も腸活についてご説明いたします。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年2月12日 バゲット

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

初期のアルツハイマー病の9割を改善させた先生が教える 日本人版の治療法を改めてご紹介(3)

今回も認知症予防についての最新のエビデンスをお伝えしたいと思います。何度もこのブログでもお伝えしている、デール・ブレデセン先生の最新研究からお話しします。特に日本人の生活習慣を鑑みて、考察してくださっています。特に今回は、9つの軸となる治療法をお伝えします。世界一受けたい授業2019年11月30日放送からお伝えします。


先生のオススメはウォーキングに脳トレをプラスした運動で、『脳トレ逆読みウォーキング法』です!ウォーキングをしながら、言われた言葉を逆さまに言ってください。例えば「ぶた」→「たぶ」「スイカ」→「カイス」「ミカン」→「ンカミ」などです。

◆先生の治療法には9つの軸があります!これらを行なって脳と体を両方、整えることが重要!

新型コロナウィルスの流行に伴い、かなりストレスがかかる日々になっています。できるだけ他の部分は取り組んでいきたいですね。特に最近テレビでも大きく取り上げられている⑧腸内環境を整えるに当院では注目していて、腸内フローラの状況を確かめる検査がすごく人気となっております。

ご興味ある方はご連絡ください。次回は今人気の腸活についてご説明いたします。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年7月20日 世界一受けたい授業

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする

初期のアルツハイマー病の9割を改善させた先生が教える 日本人版の治療法を改めてご紹介(2)

今回も認知症予防についての最新のエビデンスをお伝えしたいと思います。何度もこのブログでもお伝えしている、デール・ブレデセン先生の最新研究からお話しします。特に日本人の生活習慣を鑑みて、考察してくださっています。特に今回は、日常生活にとても大事な食にまつわる改善法です。世界一受けたい授業、2019年11月30日放送からお伝えします。

◆食事によるアルツハイマー病改善法!先生オススメの脳に良い食材は…大根、葉物野菜、さつまいも!


さつまいもは、腸内環境を整える食物繊維が豊富なだけでなく、脳に必要なブドウ糖の代謝にかかせないビタミンB1が豊富です。血糖値の上がり方も緩やかなので、オススメの野菜です!
その他にも、日本食にも多いみそ、醤油、納豆などの『発酵食品』や、脳の神経細胞を活性化するDHAが多く含まれる『青魚』、間食には血糖値が上がりづらい『ナッツや豆類』、脳の認知機能を高めるポリフェノールが多く含まれる『赤ワイン』がオススメです。

当院でも早くから注目していたビタミンB1の重要性が特に見直されています。

新型コロナウィルスに対しても、基礎疾患の有無が重症度に大きくかかわるとわかってきています。こういう状況下では、特に血糖値が上がりづらいさつまいも、豆類は普段から多くとる方がよいと思います。すぐに取り組めますので是非実践してみてください。次回も引き続き、アルツハイマー病改善法をお伝えします。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年7月20日 世界一受けたい授業

2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

カテゴリー: その他 | コメントする