認知症と薬物療法の限界①

今川クリニックの院長ブログ

認知症を分類すれば、大脳皮質に起因する変性疾患と脳血管性認知症の大きく2つに分類され、さらに変性疾患では、アルツハイマー型認知症(AD)、レビー小体型認知症、さらに前頭側頭葉型認知症(FTD)等がある。

変性疾患の認知症に対する治療法は対処療法のみであり、原因療法は世界的にみても未だ無く、FTDでは対処療法も無いのが現実である。現在、認知症薬として認可されている薬剤は4種類であり、何れの薬剤も進行を抑制するものであるが、効果には個人差があり、またそれぞれの薬剤には効果だけでなく副作用を伴うこともある。

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第五章 消えていく脳②

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    介護ケア

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    「食事で認知症予防」 リコード法の食事 ケトフレックス(ケト…

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    生命の進化と劣化

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    美と健康は「腸活」から!腸に良い食生活や生活習慣とは?⑵

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第一章 脳の発達 可塑性を備えた臓器

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ
    新年のご挨拶

    2022.01.5

  3. 今川クリニックの院長ブログ
    年末のご挨拶

    2021.12.28

  4. 今川クリニックの院長ブログ
  5. 今川クリニックの院長ブログ
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ