美と健康は「腸活」から! 腸に良い食生活や生活習慣とは?(3)

今川クリニックの院長ブログ

前々回からお話ししている腸活。腸活モデルなども御活躍されています。今回も腸活についてお話しさせていただきます。新型コロナウィルスの流行がみられる中、免疫力UPにも腸活は重要ですから是非参考にしていただければと存じます。

では、腸活クイズの続きからどうぞ。

第3問便秘改善のために、食事の30分後にすると良いのは?
A.ジョギング B.ウオーキング

正解はBの「ウオーキング」。

「食事の30分後にウオーキングやヨガなどの軽めの運動を行うと血行が良くなって、リラックスし、腸の動きが活発になる」と小林先生。一方「食後にジョギングなどの激しい運動をしてしまうと、体の機能が筋肉を動かすのに集中してしまい、腸の動きが鈍くなり、腸活には適していない」というのが理由。

第4問腸に良い睡眠はどっち?
A.睡眠時間は6〜7時間 B.たっぷり8時間以上睡眠

正解はAの「睡眠時間は6〜7時間」。

「睡眠不足はもちろん、実は寝過ぎも腸には良くないことが分かっています。最新の研究結果で理想の睡眠時間は、6〜7時間ということが分かりました」と小林先生。一方寝溜めは  NGで「8時間以上寝てしまうと、自律神経が乱れ、腸だけではなく全身に悪い影響」があるそう。

日頃の生活から「腸活」を意識し、美と健康を目指してみるのが、専門医もお勧めとのことです。

今腸活が注目されて当院でも腸内フローラの状況を確かめる検査がすごく人気となっております。

ご興味ある方はご連絡ください。

今回も御一読いただき誠にありがとうございました。

文献1)2020年2月12日 バゲット
文献2)大熊 輝雄:現代臨床精神医学第12版 金原出版株式会社

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第五章 消えていく脳④

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    認知症とマスコミ

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    気が付けば若年性アルツハイマー病

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    最新の研究で分かった、知っておきたい睡眠の基礎知識

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    アルツハイマー病とストレス及びうつ病

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    うつ病とアルツハイマー病

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. スタッフブログ
  3. スタッフブログ
    腸内フローラ

    2022.07.19

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ