動脈硬化症

今川クリニックの院長ブログ

前回は、動物の進化の過程の説きながら、解剖学の観点から動脈について述べた。

今回は、動脈がどのような経過を辿りながら、病的である動脈硬化症になっていくのか、簡単に述べていく。

人は生誕後、死に至るまでに二つの過程を経る。それは成長と老化である。成長とは、子孫繁栄の子供産み、子孫が成人となることを見極めることである。これが成長期の動物が果たす役割である。

その一方で老化期とは、子孫の発育過程を見守りながら、自らが老いの過程を見つめることであろう。

動脈は、成長期の段階から、内腔が狭くなり、かつ外壁が硬化する過程にはいる。そして、年齢を経るに従い、動脈の内壁に様々な物質が沈着する。老化期に入るとこの現象が現れ、動脈硬化症となるのである。

次回は個別現象の病理学的現象を述べたい。

           初夏の陽日 2015/4/27

         今川正樹

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    物忘れの早期発見の難しさ PART2

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    熱中症

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    水と老化(6の1)

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    脳梗塞・心筋梗塞のリスク検査

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    軽度認知障害

  6. 今川クリニックの院長ブログ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新生活

    2024.04.17

  2. 新年に寄せて

    2024.01.9

  3. 今川クリニックの院長ブログ
    新年のご挨拶

    2024.01.1

  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ
アーカイブ