なぜ、マスコミは認知症を取り上げることが多いのか

今川クリニックの院長ブログ

現在、死因の上位に入る疾患は、癌、心疾患、脳卒中、肺炎であろう。これらの疾患の中で肺炎が上位にあるのは何故か?
肺炎について語る前に、イギリスの細菌学者であるAlexander・Fleming(1881-1955年)が、1928年にペニシリンという抗生物質を発見した。この物質が引き金となり、抗菌性抗生物質の発見が続いた。フレミングの功績が端緒となり、戦後死因のトップを占めていた肺炎を含む感染症が激減した。医療技術の発展とともに、慢性疾患が社会問題となっているのが、この国の現状である。
 ところで死因の4番目である肺炎が増加しているのは、一つは誤嚥性肺炎であり、またマイコプラズマ肺炎であろう。近年、抗生物質に対する乱用の故、耐性菌が増加し、肺炎に罹ってもペニシリンをはじめ、その他の抗生物質に効かない菌が増えている。
 この現象から認知症に焦点をあてれば、認知症の病状の進行により、口腔内での咀嚼且つ嚥下困難が生じる現象が増加しており、結果として誤嚥性肺炎が原因で死亡することが多い。すなわち認知症患者の増加が、肺炎を死因の4番目に位置付けている原因であろう。原因不明の認知症に対して根本的な方策は、現在の時点ではお手上げであろう。
 こういった事実の情報から、マスコミは認知症を取り上げるのであろう。

                          真冬の夜(2012/1/29)
                                 今川正樹

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    レビー小体型認知症

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    認知症と薬剤治療法の限界

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    アルツハイマー病(AD)の危険因子となる疾患について(糖尿病…

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    生命と時の流れ

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    気が付けば若年性アルツハイマー病

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    寿命

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. スタッフブログ
  3. スタッフブログ
    腸内フローラ

    2022.07.19

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ