アルツハイマー病の早期発見と最適な治療法 1

今川クリニックの院長ブログ

今回は、認知症の代表的疾患であるアルツハイマー病(以下ADと呼ぶ)の早期発見と、何が治療として最適なのかを、私の臨床経験を通して、考えて観ようと思います。私は、兵庫県立尼崎病院の神経科に所属していた頃から含めて、ADに関して約6000症例を経験しております。まず現時点で、患者から学ぶことが非常に大切であることを、ADの患者と家族の方々から教えられました。臨床医学の出発点において、疾患の病態は患者から学べと言われています。
さて、Aでは早期発見について述べ、Bでは現在の医学的観点(治療法)から何が大切なのかを様々な視点から述べて見ます。


早期発見について
現在、問題点になっていることが「早期」ということです。この「早期」という言葉には、ADを発症するかどうかの意味が組み込まれている。それは、何人も病気に罹患したくないと思考し、且つ想像するからでしょう。以前にも述べたように、個体は種の保存の役目を果たせば、個体の役割は終えるのです。例えば、カマキリのオスは種を遺した後、メスに殺されるという厳然たる現象が、カマキリの自然経過の観察から理解出来ます。しかしながら、現代人は他の無数にある生物とは異なっています。ヒトは言葉を有していない原人に始まり(200万年前)、四大文明(エジプト・メソポタミア・インダス・黄河)に進化した結果、言葉または言語がそれぞれ文明に適した形で生まれたのである。さらに進化が進み、産業革命を経て、言語は情動且つ情報と伝達の意味を背負うことになった。進化して21世紀に入るやいなや言語はその持つ情動、つまりアナログ言語の衰退と反して情報とデジタル化伝達言語が、今や優位にある。現代では人はホモ・サピエンス・サピエンスと霊長類の分類でそう呼称されることになった。こういう段階まで進化したのである。
その結果、日本は世界の長寿国に達したわけである。この事実の結果、認知症という病気に罹る人が増加傾向にあり、その中でもADが多くを占有している。また、認知症にかかる医療費と人件費は、癌と比べても比較にならないほど負担が大きいことも問題である。
現在の仮説に従えば、ADの診断が確定する時点から遡って15年前に老人斑を生み出す元が大脳に沈着する。その物質とはアミロイド蛋白質の一部(A42と云うペプタイドである。とは言え、ADを発病する15年前に、行動観察から発病の可能性を推察することは、集団検診でもチェック出来ないであろう。例えば、家族歴を調べて三世代前に老衰(現在では認知症と推測される)で亡くなったという事を知っていても、家族及び親族が認知症になる可能性を考える人は少ないであろう。また、15年間の時間経過を通して、環境の変化(大気、水、ミネラル、ビタミン、三大栄養素、会社組織でのストレス、科学技術の進歩)が生じてもおかしくないであろう。こうして考えてみれば、環境が急速に変化しつつある現代社会においてADの早期発見は困難であると思われる。
次回はB最適な治療とは何かを述べてみます。

2012/10/14 日曜日 居眠りの昼
今川正樹

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    薬と生活環境

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    なぜ、マスコミは認知症を取り上げることが多いのか

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    アルツハイマー病(AD)と膵臓を含めた多臓器に関して

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    脳の若返りに期待できるスーパー食材

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    物忘れが気になる方へ

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    アルツハイマー病と音声言語

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. スタッフブログ
  3. スタッフブログ
    腸内フローラ

    2022.07.19

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ