透明な脳 ~第一章 脳の発達 脳細胞の増殖

今川クリニックの院長ブログ

脳について常識と思われていたことが近年、くつがえり始めている。たとえば脳の重要な機能のひとつである記憶力は、これまで20歳ぐらいでピークに達して、その後は徐々に衰えていくと考えられていたのだが、それを否定するような研究結果が脳科学の専門誌だけではなくて、一般の雑誌でも紹介されるようになっている。

海馬というのは大脳辺縁系を構成する一部分で、記憶の集配箱のような役割を果たす。一時的に海馬に蓄えられた記憶は、想起というはたらきで復習を繰り返すことにより、脳のほかの部分に長期的にわたり蓄えられる。この海馬の神経細胞が記憶作業により頻繁に刺激を受けると、増殖することが判明したというのだ。つまり記憶を必要とする環境にいるかどうかが、記憶の良し悪しに決定的な影響を与え、脳までも自在に変化させるというのである。認知症が気になる中高年にとっては朗報だ。

自著「透明な脳」より

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第五章 消えていく脳⑤ アルツハイマー病の症状

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    忘れると憶える

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第三章 風景を解釈する脳 「記憶する能力」と人類…

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    動脈硬化

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    認知症予防の3つの柱 プラス TWO(食事編)

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第一章 脳の発達 可塑性を備えた臓器

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. スタッフブログ
  3. スタッフブログ
    腸内フローラ

    2022.07.19

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ