透明な脳 ~はじめに①

今川クリニックの院長ブログ

笑いとは何かという問いは、脳の研究者のあいだで古くから繰り返されてきた。なにか滑稽なものを見たり、嬉しいことを体験すると、ひとの顔には笑みが浮かぶ。頬の筋肉が目尻の方向へ吊りあがり、口が三日月のかたちに開いて、次の瞬間に喉から、「ハハハハ」とか「ワハハハ」という声があふれでる。これが笑いと言われている現象だ。逆にひとは怒りにかられると、顔から笑みが失せて表情がかたくなる。これは脳科学の視点からみればどういうことなのだろうか。

こうした疑問を見つけ出す作業は複雑をきわめていて、現代でもはっきりとした答えは分かっていない。しかし、笑いが脳の働きによって生じ、心のバロメーターであるということは、世界中の科学者が認めるところである。脳というのは、人間がもつあらゆる機能を統括する臓器であり、その機能ははるかにコンピューターを凌いでいる。

自著「透明な脳」より

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    年末のご挨拶

  2. 今川クリニックの院長ブログ

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    眠くなってから寝床に入ろう

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第二章 記憶と実生活 対象への関心と記憶の定着②…

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    知っていますか?認知症予防の日

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第一章 脳の発達 ストレスによる脳細胞の破壊①

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. スタッフブログ
  3. スタッフブログ
    腸内フローラ

    2022.07.19

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ