透明な脳 ~第二章 記憶と実生活 不登校体験②

今川クリニックの院長ブログ

おなじような感動を、武庫川の川岸を飛ぶ蛍をみたときにも覚えた。暗闇のなかで、たったひとつの光が揺れていたにすぎないが、わたしは生命とはいったいなにかを考えた。わたしにとっての自然科学の出発点であった。しかし、学校の勉強は相変わらずそっちのけで、アリを観察したり、水槽でお玉じゃくしを飼ったりして毎日を過ごしていた。こんな生活をしていたから、学年があがるにつれて、科学関連の知識なら自然に頭に入るようになった。医師になったのも、科学への興味が拡大した結果にほかならない。

幼少時に、心のそこからなにかが面白いと感じる体験は、非常に大切なことだといわなければならない。それは早期の英才教育よりも、知力の発達により大きな影響を及ぼすのだが、最近は子供達が遊ぶ環境すらなくなっているのが実情だ。

自著「透明な脳」より

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    現代社会と環境との関連

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    レドクス反応(酸化-還元反応)

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    物忘れの早期発見の難しさ

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    予防法と薬物治療法の限界

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    摂取しすぎに注意すべき食材

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    アルツハイマー病の早期発見とその発病の仮説

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ
    新年のご挨拶

    2023.01.1

  3. 今川クリニックの院長ブログ
    年末のご挨拶

    2022.12.28

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
    冬に潜む危険

    2022.11.19

  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ