透明な脳 ~第二章 記憶と実生活 不登校体験①

今川クリニックの院長ブログ

わたしは医師の免許をもっているせいか、幼児期から学校の成績がよかったかのように誤解されているふしがあるが、事実はだいぶ違っている。正直に告白すれば、わたしは自分に興味がないことには全く手がつけられない。関心があることは徹夜してでもやるが、関心のないことには見向きもしないたちだった。興味がないことを機械的に暗記することなど、とても耐えられなかったのだ。

だから小学校の成績は悪かった。学校があまりにもつまらない所のように思えたので、よく学校を怠けていた。今でいう不登校児である。たまに学校へいくと、取っ組み合いの喧嘩ばかりしていた。家でなにをしていたかというと、自然現象や動物の観察である。特に天体に興味をもち、夜になると空を見上げて星を観察したことを記憶している。闇が立ち込めた南の空に、ひときわ明るい光を放つオリオン座を見たとき、宇宙の神秘さに打たれた。

自著「透明な脳」より

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    芸術療法のエビデンスと運動療法としてのヨガ①

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    認知症新薬 期待大だがクリアすべき問題点は?

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    生命と老化(2)

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    師走

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    現代社会と環境との関連

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    リコード法と当クリニックの非薬物療法・生活指導~その共通点と…

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新生活

    2024.04.17

  2. 新年に寄せて

    2024.01.9

  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ
アーカイブ