透明な脳 ~第五章 消えていく脳③

今川クリニックの院長ブログ

アルツハイマー病の早期発見が難しいひとつの要因として、高齢による脳の変化と、病気による脳の変化の区別がつきにくいことがあげられる。かりに老人斑や神経原線維変化がアルツハイマー病の患者だけに特有のものであるなら、診断は容易に下せるが、実際は正常な高齢者にも観察できるので、診断が難しいという事情があるのだ。

なお、アルツハイマー病を除くほかの認知症の代表的なものとしては、脳血管性認知症がある。脳血管性認知症は血管の破損によって脳がダメージを受け、知力や身体機能に支障をきたすものをいう。

自著「透明な脳」より

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    周辺症状について

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    年末のご挨拶

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    レビー小体型認知症

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    今だからこそ読んでほしい、認知症専門医がおススメする名著①

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    睡眠障害のスクリーニング

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    「眠れない」「忘れっぽい」「やる気がでない」コロナ禍で増えた…

最近の記事 おすすめ記事
  1. スタッフブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ
    新年のご挨拶

    2023.01.1

  3. 今川クリニックの院長ブログ
    年末のご挨拶

    2022.12.28

  4. スタッフブログ
  5. スタッフブログ
    冬に潜む危険

    2022.11.19

  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ