気が付けば若年性アルツハイマー病

今川クリニックの院長ブログ

もし上司から近頃、仕事のミスが多く、また何度も同じことを聞く場合が多いじゃないのかと言われ、とたんに頭の中が白くなってしまった。
テレビなどで報道される若年性アルツハイマー病の始まりではないかと思い、早速、認知症専門の病院を訪ねた。

『ここは若年性アルツハイマー病の検査はしますが、若年性アルツハイマー病の治療はしておりません。それでよろしければ検査はします。』
『治療は頭からしないのですか。』
『結果が決まればそれを専門にしている病院を紹介致します。』

頭が混乱している彼にしてみればお先真っ暗である。そこの職員の話によればアリセプトという名の薬しか日本ではないそうである。これが効かなければ終わりということになる。
若年性アルツハイマー病は65歳以上の老人に発症する老年型アルツハイマー病と同じく脳が進行性に壊れていく難病である。彼の心中を巡る数々の失敗が走馬灯のように光る。どうすればいいのだろう?未だ30代の身でありながら路上に座り込み頭を抱えてしまった。

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    今だからこそ読んでほしい、認知症専門医がおススメする名著② …

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    認知症の進行を遅らせるリハビリについて

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    「眠れない」「忘れっぽい」「やる気がでない」コロナ禍で増えた…

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    早期発見への手がかり

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    軽度認知障害(mild cognitive impairme…

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    認知症予防と脳トレ「MCIカラーリング」

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新生活

    2024.04.17

  2. 新年に寄せて

    2024.01.9

  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ
アーカイブ