治療から介護

今川クリニックの院長ブログ

アルツハイマー病(AD)に関するここ1~2年の動きは、進行を抑える「治療」から「ケア(介護)」に移っており、先進諸国も日本と同様の方向にある。

人は産声をあげてこの世に現れ、何れは社会に組み込まれて行く。

この産声という現象の中には、生と死が潜在していることと考える。死はあらゆる生命体にある仕組みである。

高等動物の中でも人類のみが二足歩行の進化を遂げた動物であり、地球環境の変化に適応し、進化し続ける動物であるとも云える。われわれ現代人は、人類学的には「ホモ・サピエンス・サピエンス」と呼称されている。かつての「ヒト」から「人」へと進化し、現在では「人間」と云う社会的存在となり、特に脳の進化が今世紀に於いて科学技術を更に進化させた。

先進国ではこの人間の寿命が高齢化し、日本では脳の変性疾患、特にADに罹患する人々が速いスピードで増加している。進行を遅らせる治療薬にもかげりが見え始め、今後はケアを軸とした介護が重要な役割を担う段階にある。

今、産声をあげた乳児の未来を想像すると、太陽の輝きが午後3時の色光に変わっているのではないだろうか?

2013/11/19

晩秋の風にさらされている日

今川正樹

?

関連記事

  1. 今川クリニックの院長ブログ

    スボレキサント(ベルソムラ)

  2. 今川クリニックの院長ブログ

    新年のご挨拶

  3. 今川クリニックの院長ブログ

    「食事で認知症予防」 リコード法の食事 ケトフレックス(ケト…

  4. 今川クリニックの院長ブログ

    アルツハイマー病の早期発見とその発病の仮説

  5. 今川クリニックの院長ブログ

    透明な脳 ~第二章 記憶と実生活 日常生活と結びつく記憶②

  6. 今川クリニックの院長ブログ

    年末のご挨拶

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新生活

    2024.04.17

  2. 新年に寄せて

    2024.01.9

  3. 今川クリニックの院長ブログ
    新年のご挨拶

    2024.01.1

  1. 今川クリニックの院長ブログ
  2. 今川クリニックの院長ブログ
アーカイブ